アジェンダ第67号(特集:日本と韓国 ―気付くべき過去と築くべき未来)

社会問題を考える総合雑誌「アジェンダ」2019年冬号です。

今号では日韓関係を特集しています。韓国元徴用工大法院判決への対応をはじめ、安倍政権の文在寅政権を敵視する対応によって、今夏以降、日韓関係は「最悪」とも言われるような状況に陥っています。
それに対して今号では、植民地期だけでなく、戦後の日韓関係の歴史を「具体的」に知ること、そして在日コリアンや、キャンドル革命を成し遂げた韓国の市民が、今の状況をどのように考えているのかを知ることに重点を置きました。紙数の都合でもちろん網羅的に取り上げることはできませんでしたが、私たちがこの問題を考える基本的な視点と、そのための知識を得られるものになったと思っています。合わせて、<資料>として、請求権協定や大法院判決の抜粋も掲載しています。
また、特集外では、ピースデポの湯浅一郎さんに、トランプ政権が検討している新型中距離ミサイルのアジア配備の問題についても解説していただいています。



【特集:日本と韓国 ―気付くべき過去と築くべき未来】
<インタビュー>郭辰雄さん
「ポスト冷戦期を迎える東アジアでの日本のあり方を考えてほしい」
内海愛子「軋む日韓関係の中で 市民は対話・交流を続ける」
梁澄子『日本社会に問われているのは、「歴史を直視し、事実を認めること」』
竹内康人「韓国大法院徴用工判決Q&A」
書評 『「徴用工問題」とは何か? 韓国大法院判決が問うもの』
青柳純一『韓国市民社会に学び、現代日本を思う―「日韓経済抗争」の現状と展望』
書評 『82年生まれ、キム・ジヨン』
金英丸「東アジアの平和を創る道を拓きましょう! ―ソウルから日本の市民へのメッセージ―」
レポート 松田舞「8月に韓国を訪ねて」
レポート 第27回「詩人尹東柱の想いを今につなぐつどい」
レポート 朝鮮幼稚園はずしにNO!11・2全国集会&パレード
資料   日韓請求権協定・韓国元徴用工大法院判決ほか
など

2019年12月15日発行 1冊600円(税別) 
送料200円(税込で総額5500円以上お買い上げの場合は送料無料)

¥ 660

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 郵送

    全国一律 200円

※5,500円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する